RSS | ATOM | SEARCH
I'm Standing Here vol.84
JUGEMテーマ:与太話




最近、更新が滞っています。フルタイム勤務、疲れるな。そうも言ってられないんだけど。
満員電車、みんな寄りかかってこないで、突進してこないで。

止まない雨、晴れない空はない。
いいことも悪いことも繰り返しやってくる。

朝日が昇る前に上り詰めろ、もっと高い所へ!

この時期はいつもならいすみ鉄道で現場。今、徳、菅の二人が行っています。大多喜の駅に小林稔侍がいたらしい。なんのロケかな。
オレノ時、2年前かな、IKKOさんと高橋恵子がいました。IKKOさんでかかったな。
事務所には俺一人だけってコトが多い。みんなどこそこへと現場に行ってます。あ〜ちくしょーいすみ鉄道行きたかったな。あ、今日帰ってくるんだ。
最近はスーツ着てこじんまりやってます。

suits


デスクワーク、タバコも吸えないし、左側の重怠い感じとしびれは気になるし、こうして復帰して仕事をしてんだから贅沢は言えないけど。
もう少し身体動かないかな。わかってる、焦っちゃいない。いや、焦ってるな。最近一人で黙々と作業してるから煮詰まってるな、鬱としてくるのかな。
こういう時、タバコってやっぱ大事だったんだなぁ、とつくづく思う。タバコは16世紀には既にあったそうで、もう5世紀。ざっと500年。
体に悪いばかりじゃこんなに続かないって話でしょ。

 腕の痛みと脚の怠さ、上下肢のしびれ、少しは良くなってきていると思う、のか思いたいのか、ここまで痛いとか痺れるのが続くとわからなくなるのが正直なところ。
本人はよくなってるかとか、よく分からない。毎日が数字で出ればわかりやすいのに。数値が低いと落ち込みそうだけど、それぐらい、進展具合がつかめません。
ベースはちょこちょこ弾けている。左手でシャツの右の袖口のボタンを止めるのがまだやりづらい。帰りの電車で立っていると左脚が突っ張らかってくる。

オレ、歩き方ぎこちないかな。左肩が落ちて来てるかな。掛けてるカバンが落ちてくる。こういうのが無くならないと現場もステージもまだかな。
あれができたからこれが出来るってわけじゃない。それでも歩いてて左足のツマづくような引っかかりは無くなって来ている。
発症して7ヶ月、退院して3ヶ月。順調なんだ。前も書いたかもだけど、麻痺残ってる人のブログとか見ると、何かと単位が年単位で進んでる。
オレもそんなもんなんだろうか?
3
年経ってもまだ痺れが強いとか見るとちょっと恐ろしい。確かに1年なんてあっという間だ。
で、このままで年月が過ぎちゃって変化なしみたいなのが一番怖い。今年は雪がすごいけど、暖かくなって、気がつけば暑い暑いって言い出すんでしょ。
そうしたら、倒れて1年になるってことだ。その頃は今よりももっと戻っていて欲しい。そうだ、ステージ復活だ。


author:yonexxx, category:脳出血, 08:31
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:31
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。