RSS | ATOM | SEARCH
iPod nano
JUGEMテーマ:iPod
JUGEMテーマ:音楽

それまでMP3プレーヤーは、
CREATIVEというメーカーの「ZEN STONE 2GB」というのを使ってた。
CREATIVE ZEN STONE 2GB

しかし! つい最近、手に入れたのだった!!

iPod nano
iPod

実はZENもiPodも先輩から譲っていただいたんだけどね。

俗に「第4世代」ってやつ。
画面があるから操作が楽だし、何しろクルクル楽しいね。
ちょっとしたゲームも入ってるし、動画も見られるし。
iTunesを使っての音源管理とか良く出来てるよねぇ。

いやぁ〜、やっぱりいいねぇ、音楽のある生活。
これは、もうオレの中では楽器だな。

でも、ちょっとオレの周りを見まわすと「iPhone」の普及率の高いこと。
オレもSoftBankだし、変えちゃおうかな?って思ってたんだけどね。



別に「iPhone」がウラヤマシイ訳じゃありませぬ。
author:yone, category:楽器, 13:09
comments(0), trackbacks(0), - -
Ampeg ADA-4 Dan Armstrong Bass Crystal Guitar
JUGEMテーマ:楽器
JUGEMテーマ:ギター
JUGEMテーマ:ベース

通称「クリスタル・ベース」
ステージ映えするコトのみ!
それだけしか考えてないようなギターの典型だ。

Ampeg ADA-4

ボディは透明のアクリル製。
で、ピックアップがカセット式で取り替えられる。
どうも写真なんかで見ると、シングルコイルとハムバックとあるみたい。
で、ピックガードが木製!
普通のギターと逆だ。せめてココぐらいは木を…って感じかな。

ボディがアクリルなんでボディの共鳴なんか全くない。
なので音はピックアップのみで拾う。
音質は中低音が太い、悪く言えばあまりトレブルのないこもった感じの音。
でも、オレはその辺が好みなのでわりといい感じで音作りができる。

でもね! これはほとんどルックス重視!
だから、オレは大好きな楽器なのだ!

クリスタル・ベースと言えば…
1972年頃のSTONESのBILL WYMAN
BILL WYMAN

GEORGIA SATELLITESのRICK PRICE
RICK PRICE

なんだけど、やっぱオレはこの人!
KEITH RICHARD!
Keith with ADA-6

そして!トドメがこれでした。
これを観てクリスタルを欲しくなりました。


実はこのクリスタルは友達から買ったんだけど、当時はまだ借りてた状態だった。
でもうれしくて、ライブでも何回か使ってた。
そして、あるステージでのコト。
上記のJOE PERRYよろしくネックを逆さまに立てたら…
ヘッドの一部がパキッて割れちゃって! うおぉ!!?
それで、もうその日に購入を決定しました。
いやぁ〜その節はイロイロとすまなかったね、しばち。
author:yone, category:楽器, 12:41
comments(0), trackbacks(0), - -
THUNDERBIRD Bass
JUGEMテーマ:楽器

「3種の神器」の2つ目。

Thunderbirds

右はGibson、左のノンリバースはEpihoneのモデル。

まず、Gibsonのモデル。
サンダーバードは音が太い!パワーがある!
中低音を目立たせて、ちょいと歪ませた感じにするともうタマラナイ!
座って弾きづらいのは、まぁ愛嬌。

で、Epihoneのモデル。
どうしてもノンリバースが欲しいって時に渋谷のイケベだったかな?で発見。
また安かったんだ、これが!
音はすごく素直で全くクセがない。
レコーディングに向いてる感じ。
KOREA製ってのがちょっと引っかかったけど、
もうカタチオンリーで手に入れたようなもの。
ただ、ネックが悪くて、1回ライブやるだけで反ってしまう!
まぁ、KOREA製だからね…

世界で一番美しい形だと思う。
2本も並べると中々壮観ですな。
author:yone, category:楽器, 09:13
comments(0), trackbacks(0), - -
KORG pitchjack
JUGEMテーマ:楽器

KORG GB-1

この前、先輩が持ってたスグレモノのチューナー。
見せてもらって、おぉ!欲しい!買わなきゃ! ってすぐに買った。
ジャックにさすだけ。
さらに7弦ギター、6弦ベース(Low-B、Hi-C)に対応してて、
なんとフラット・チューニングも出来る。
すごく便利!これで2000円弱のお値段。
これは買いです。

こういう小さくて手軽な商品のコピーでありがちなんだけど、

「いつでも、どこでも」

キーホルダーにも付けられるってさ。

web→http://www.korg.co.jp/Product/Tuner/pitchjack/
author:yone, category:楽器, 18:14
comments(0), trackbacks(0), - -
Rickenbacker 4001
JUGEMテーマ:楽器

オレには「三種の神器」と呼んでいるベースがある。
その内の1本がこれ。
Rickenbacker4001

このカタチと言えばPaul McCartney、Chris Squire、Roger Glover…有名どこ多数。
もうシェイプがすばらしいよね。
音もこれまた特徴的で、硬い高音ベキベキな音。
ジャックが2つあって、1つはリアのみで更に高音で硬い音を出してくれる。
RICK-O-SOUNDって言ってステレオで音が出せる仕組み。
ただ、この4001はクセがけっこうあって、楽器によって大分程度が違うみたい。
オレのはもうノイズがすごい。
ただでさえノイズが多い楽器だそうだけどそれにしたって…
完全に治すなら総取替えだって言われた。
それじゃ4001じゃなくなるもんね。
でも、あるプロデューサーの人とレコーディングした時に、
「じゃあこのノイズも込みの音にしちゃおう!」って。
ノイズも一緒に混ぜてリッケンの「音」、バンドの「音」にしてしまえって。
こういう考えもアリなんだ!って感心した覚えがある。
それ以上に、どこでも断られたこいつでレコーディングが出来たのがうれしかったな。

オレのモデルは1976年モデル。ワインレッドなボディーカラーが珍しい。
ちなみに指引きではGeddy Lee(RUSH)、ピックの音はBruce Foxton(The JAM)を参考にしてました。


author:yone, category:楽器, 15:28
comments(0), trackbacks(0), - -
Ibanez MC924 DS
JUGEMテーマ:楽器


それまでは後輩から10,000円で買った
ヤマハのPBのコピーモデル(PulserBass400ってやつ)だったが、
やはり自分の楽器が欲しくなるもんです。
MC924DS
昔は「Ibanez」は「イバニーズ」で「アイバニーズ」って言わなかったなぁ。

で、これなんだけど、
当時大好きだったマンガで、
「気分はグルービー」というバンドのマンガがあり、
気分はグルービー

そこに出てくるベースの「大将」が弾いてるのがこのMC924なのだ。
大将

しかし大将が弾いてるのはいわゆる「前期型」と言うヤツだそうで、
1983年までに製造されたタイプ。
MC924 83年モデル
2ボリューム、1トーンで3バンドのイコライザーが付き、
切換スイッチでアクティブのオン・オフが出来る。

対してオレのは1984年モデルで「後期型」
2ボリューム、2トーンでアクティブピックアップ。
だから9Vの電池を入れないと音が出ない。
当時、入り浸っていた楽器屋で
店員の兄ちゃんからそれはもう大々的に勧められて、
その兄ちゃんによれば、
「イコライザーなんか無くても音が格段に向上したんだ!」
みたいなコト言ってたけど、
結局は新しい方をを売りたかったんだろうなぁ。
ホントは大将の方が良かったんだけど…

しかし実際に使ってみて、
中域が強い感じなので音は作りやすい、
と言うかオレの好きな音が出しやすいし、
見た感じよりずっと弾きやすい。
もうずっとオレのメインのベースでした。

ただイメージがスティングとかTOTOとかテクニック的?なイメージで、
ロックンロール!って感じじゃなかったのは愛嬌ですが。

この楽器を手にした時にとても愛おしくて「かおる」って名前を付けた。
仲間内でも結構「かおる」で通ってるんだが、
後輩の女の子がオレのベースを借りるときに、
「かおるさん、貸してください」
って言ったときは笑ったけど、浸透してんだなぁとちょっとうれしかった。

実はこのベースはヤマハのBB2000なんかと並ぶ、
国産ベースの名器なる誉れ高い楽器なんだけど、
あまり人気が無くて、というかほとんど無いから結構安く手に入るようです。



 

author:yone, category:楽器, 20:06
comments(0), trackbacks(0), - -
Fender Precision Bass
JUGEMテーマ:楽器

ベースを始めて10年くらい経ったときに、
もう「本物」を持ってもいいんじゃないか?ってことで手に入れた。
自分自身へのプレゼントってコトでね。

1976年モデル。
トーンコントロールがイカレテなかったし、
ピックアップカバー、ブリッジカバー、フィンガーレストも
付いててかなりの極上品。

でもホントの理由はKeithのこのモデルと同じだったからです。



「Dirty Mac」ってポールのコトなんだってね。
しかしすごいね。こんな風に動画も貼れるんだねぇ。
author:yone, category:楽器, 16:24
comments(0), trackbacks(0), - -