RSS | ATOM | SEARCH
We're Standing Here vol.124

JUGEMテーマ:与太話

 

 

 

ヒロシさんが倒れてから4/16で1年になる
ヒロシ闘病記ってもんじゃないけど、1年経っての記録を。
先日の4/16の日曜日に
石渡先輩、紀子の3人で、ヒロシさんトコにお見舞いに行った。
特に進展があるということも無かったのだが、
顔色もよくなって、ホントに色白になったなぁ、と。
あと、目力は強くなってきているね。
伸びた眉毛やらの毛を処理して、
小奇麗に。
もっと意思の疎通がしたい。コレに尽きる。
目が覚めて、反応が少ないにしても、こちらの言葉は解っている、
ということは間違いない。そして、その反応に
口を大きく開けて声は出ないが「うわあぁ」って泣くコトで応える。
そのようになって久しいけど、とにかく声を出してほしい。
もっと意思の疎通がしたい!!

色々言葉をかけたが、
「1年経ったね。」この言葉に強く反応した
口を大きく開けて「うわぁ」って泣くやつ。
それから、眉間にしわを寄せてちょっと考える風になった。


オレが思うに
今の自分の状況を含め、アレから1年経ったという現実を認識し、
考えているのかもしれない

オレの時もあったのですが、バクゼンとしていたのが、
ふと、自分の置かれている状況を確認、認識する。
「何でこんなことになっちゃったんだ?」
「どうなるのかな?」
「ずっとこのままなのかな?」
かなりショックを受ける。
オレの時は、
「こんな動けない状況が続いちゃうんなら死んじゃった方が良かった」
とも思った。
ウツになった。
どんどん、弱い方に流れて行った。
音楽ができないって負の気持ちが強すぎて、
聴くことも出来なくなった。

 

ヒロシさんは喉のリハビリを受けているとはいえ、
何かをするというコトの制限がありすぎる。
刺激がより少なくなってきている。
ヒロシさんはどんなことを思っているだろう?
って考えると…。

 

コレは、性格にもよると思うが、
オレは「がんばれ」と言われるのが嬉しかった。
「大丈夫、戻れる、待っているよ。」
こういう言葉が嬉しかったものです。
だからヒロシさんにもってわけじゃないけれど、
「待ってる」という言葉は力になると思っている。

 

頑張ってますよ、ヒロシさんは。
だから、「待っている」コトは止めちゃいけない。
戻ってくることを信じて待とう。

 

アシッド ミーティング

アシッドミーティング

アシッド 佐野ライブ

アシッド・ライブ

author:yone, category:脳出血, 13:13
comments(0), trackbacks(0), - -
I'm Standing Here vol.126

JUGEMテーマ:脳卒中

 

 

 

 

脳出血をやってから綴ってきたこのシリーズ。
とりあえず、前回終了させたのですが、
コレはこのシリーズでまとめておこう。

 

 

平成29年1月16日(月曜日)
概ね4年ぶりに現場作業に復活

現場グッズ
安全靴久々に履いた。
安全チョッキを久々に着た。
安全帽を久々に被った。
久々に線路内に入った。場所は当時よく入っていた品川駅の現場だ。

品川駅現場
しかし寒かった。
線路内作業建築限界ぎりぎりだったので、列車がすぐそばを運行
結構恐ろしかった。
こんなに怖かったっけ


まだちょっと左脚引ずり気味なとこもあるけど、
道床とは言え平坦地の作業。
急勾配の上り下りや、高所の作業はまだ不安があるので、
それはマダだな。今回は調査作業だったので
まぁ、この位だったらイケるってこった
でも、正直、入る前はかなり緊張した。

 

周りも気を使ってくれての現場だったのでこなせましたよ。
まぁ、一安心ってトコでしょう。

 

無事終了したので、帰ってきて飲みに行こうぜ!
ってノリヒコ誘ったけど、
「健康診断前の長期禁酒中なんですよ」とつれない返事。
ムダな抵抗したところで今さら。
仕方なし。大山に戻り、ノリコと祝杯。


祝杯って大げさなモンじゃないかもしれないが、
おかげさまで、またなんとか戻ってきたかな

 

あとは左側の痺れや違和感が飛んでくれればね。
コレは毎回言ってます。

author:yone, category:脳出血, 10:02
comments(0), trackbacks(0), - -
I'm Standing Here vol.125

JUGEMテーマ:闘病記

 

脳出血をやって、ブログに書いて気を紛らすコトができて。

読んでくれる人がいて、なんか言ってくれて、また気が紛れて。

助けられたなぁ。そんなカテゴリー「脳出血」

今までを見返してみて

とりあえず、これでひとまず終了させようかな、と。

 

私事だが、(ってオレのブログだしオレの私事都合しか書いてないけど)
今月から元の部署・測量調査部の方に正式に戻されることになった。


2013年7月に脳出血で倒れ、11月にリハビリ病院を退院して、
2014年の2月に職場に復帰して、その時に、元の部署に戻りたかったのだが、諸事情のため戻ることができず、
以前(15年以上前)にやっていた図面整理の部署の方に配属され、図面調整、PC作業の内業をやっていた。
それがこの2016年11月に調査部の方に復帰せよとの命がが下った。
丸3年半ぶりの元の部署ではあるが、
身体も大分戻ってきているとは言え、後遺症ってヤツだね、左上下肢の痺れ、こわばりは多少残っている。
正直バランスが悪いため、高所での作業は未だできないと思う。
まぁ、昔から高いとこは苦手だけど、それにしても、ちょっとね。

現場をちゃんとこなせないってコトはオレが一番気にしている。アタリマエだ。
それに調査部に戻って、現場作業なんかもとより、外には一切出ていないので、
当初の「現場も戻るぜ!!」って気合いも…中の仕事に慣れまくってしまった
今さら外もなぁ、これから寒ぃし。もう、オレの安全靴無くなっちゃったよ。


と、まぁ、現場作業に多少の不安がある訳だけど、ともあれ、戻る訳だ。
調査部には知った人間はまだいる訳で、会社に戻ってからも呑んでるし、
オレの調査部の復帰を喜んでくれている。「さっそく、現場に連れてくぞ」くらいの勢いだ。
ただまぁ、3年半いなかった訳だし、多少の変化もあるってコト。
オレがいない間も組織は回ってた訳だし、増えた人間、いなくなった人間とかね。
なんてーの?力関係ってのか?
組織とか、人が集まりゃ、そういうパワーバランスは一番大事なんだろうけど。
一線は越えんなよな。偉いって勘違いするのも必ず出てくる。


気に入らないのはしょうがないと思うけどさ。

 

オレがまだ20代の頃か、権力争いみたいのは大きい会社よりもこういう小さい会社の方が
露骨で非道いよって。

当時の次長が言ってたけどなんかそれが目の当たる感じよ。

さてさて、身体が慣れてくるのはいつかなぁ。

再び始まるのでさらにモッズ気取りでいくことにしよう。

mods

また身体に進展があったら、このカテゴリーは書くってコトで一旦終了です。

つきあってくれたみんな、ありがとうございました。

あ。ブログ自体は続けて行くのよ。

 

author:yone, category:脳出血, 21:15
comments(0), trackbacks(0), - -
We're Standing Here vol.124

JUGEMテーマ:与太話

 

 

 

 

SNS、イロイロあるけど、要するに全部同じだよね。
オレはフェイスブック、ツイッター、あとインスタグラムもSNSの仲間か?
インスタグラムは写真の加工がカッコいいから使ってる。

instagram

最初、こんな風に出来るのか!?ってかなり興奮したよ。

70年代の写真みたい。
それで、せっかくなんで、いろいろ使い分けようと思ったけど…
フェイスブックもツイッターも区別が良く分らん


今、どうよ?ってのをオレはこんな感じよ、みんな聞いて〜?ってヤツがSNSだよね?
そこで、ツイッターはくだらないハナシ、電車の中の憤りとか、たいしたことないその場のまさに「つぶやき」にして、
フェイスブックは面白そうなネタってことにしてみたのだが、
周りはフェイスブックが多く、ツイッターはそんなにやってない人が多いようで。
おかげさまで反応がほとんど無いのよ

 

フェイスブックは入院した時にあの閉鎖空間と外を繋いでくれて、紀子が帰った後の一人きりのオレをとても慰めてくれました。
だもんでね、SNSは反応が来る、かなりのかまってちゃんになってしまったようです。
ツイッター、反応無いと寂しいの
あと、フェイスブックは過去の思い出ってので何年前の今日はどうでしたね。って日記的なトコがあるので、
あまりクダラナイコト投稿しまくると、2年前電車の中があーだこーだって

くだらないコト書いててたんだねぇってのがバカみたいかな?と、
それで、フェイスブックとツイッター住み分けしようかなって思ったんだけど、


だけどさ、この日記的な機能はいいよね。オレみたいな思い出好きはちょっと浸れてイイ。
で、この前、あら、そうだな倒れて3年経ってるんだ。って。

2年前の8月23日のことです。

facebook01

ちょっと思い出したよ。
脳出血は治ってる、先月、MRIを撮った時も別に問題なし。血圧もまぁ安定してるようで良い感じな訳です。


だけど、この時からそうなんだけど、まだ左手脚に痺れが残ってる。特に左脚は今でもちょっとキツい。
見た目には問題ないんだろうけど、多少、脚を引きずっちゃう感じもあるけどね。階段とかね。
まだやっぱ後遺症ってのに悩まされてます。

3年前より良くなっているはずなんだろうけど、

痺れの不快がキツくて良く分らない。
ライブを演れて、お酒も飲めてるんだけどね

 

もう、この痺れと上手く付き合うとか、慣れなくちゃとか、

医者に行けば普通にそう言われるんだけど、
オレはそんな気は全くない

しびれを気にすることで、痺れることで、余計に周りのコトがいらつくこともあるし、
正直、気分が落ち込んで悲しくなることもある。この3年間ずっと。


だからね、こんな不快なヤツと付き合ってられるか
なんでオレがコイツに慣れなきゃイケないんだ。治してやるよ、冗談じゃないぜ!
って、いつも思ってんだけどね。倒れてから3年、脳出血が治ってから3年か…。
後遺症は、あとどれくらいかかるかな?


全く動かなかった指だって動いてるんだからね。
だけど、後遺症か、あとどれくらいかかるかな?


あと、ツイッターか、どーすっかな、止めるかなやっぱ。それは別に止めることもないか。

でも、反応無いからつい、クダラナイコトなのに、フェイスブックの方に投稿してしまうなぁ。

facebook

 

 

 

 

author:yone, category:脳出血, 15:21
comments(0), trackbacks(0), - -
now We're Standing Here-vol.123

JUGEMテーマ:与太話

 

 

 

オレが脳出血で倒れたのが2013年7月5日
3年経ちました。
まだ、左側手足に痺れが残っているモノの、
おかげさまで、日常生活は出来ており、バンド活動もやっているし
とてもありがたいことです。
「もう、ヨネがあんな大病をしたことも忘れるくらい。」
と、先輩姉さんのアッキーさんから言われました。
ホントにみんなの応援、気遣い等ありがとう。
オレも元に戻りたくていろいろがんばった、
だけど、それに本当にみんなの愛でオレは戻ってくることが出来たと思ってます。

acid2014

2014年オレがアシッドに戻った時。

 

 

今、同じバンドの先輩、ヒロシさんも同じ病気と戦っている
同じバンドで2人も脳出血やるとか、どーなってんだ?ってハナシなんだけど。
2016年4月16日に倒れて、もう3ヶ月になる
もう、3ヶ月にもなるのに、それがまだ意識が戻ってない
いや、目は開いているし、いろいろと反応はあるし、かなり目力は戻ってきている。
しかし、意思の疎通が出来ない
こっちの呼びかけとか聞こえていると思うのだけど、すっきりした反応が返ってこない。
そう、聞こえていると思うんだけど、なにかのきっかけだと思うんだけど。
ヒロシさん自身ももどかしそうな感じがする
目を覚まして欲しい。本当の意味で目を覚まして欲しい。
ふっと一言何でも良いから言って欲しいね。
ご両親、ご家族、愛ちゃんの前で何か言うのが一番キレイなカタチだけど、
看護婦さん、お医者、セラピストの前でもいいや、とにかく何か喋って欲しい。
オレはオレ達は顔を見に行って、早く目覚ませ!って言い続けていく、アプローチしていくしかない。
オレはアナタに励まされた分、ちゃんとお返しします。
ロックTシャツ何が欲しい?だから早く目覚ましなよ

 

これがいつものヒロシさんだね。

ヒロシ

author:yone, category:脳出血, 13:27
comments(0), trackbacks(0), - -
I'm Standing Here vol.122 Now I'm Here
JUGEMテーマ:脳卒中



2016年度ゴールデンウィーク…その後

今年もゴールデンウィークが終わり、後は夏期休暇まで。働け働け!ブルースボーイ!
でも今年から山の日ってのがあるんだって?
山の日
長期連休も良いけど、3連休くらいがちょこちょこあった方がいいな、オレは

ゴールデンウィーク中は誕生日があって、今年は家族、父母と紀子で、ささやかに…
例によって、この時までに左側の違和感、痺れが取れてもらいたいもんだねぇ、と思っていたのだが、
またもや、そうも行かなかったよ。

GW中に一度先輩たちと飲んだ時に、「もうあまり気にならなくなった?」と言われたけど、
「気にならなくはなってないのです。気にしてもしょうがないのでそうしないように心がけているのです、」と。
やっぱどうしても気になってイライラするのはしょうがないです。

今度の7月で倒れてから3年経つよ。
2年半ずっと痺れっぱなしか。スゲーな、オレ。我慢強いよねぇ。2年半だよ!
ちくしょー長ぇな〜。今、世の中のスピードは速いんだよ。


そう言えば、今、オレのアタマの中の死んだ脳細胞はどうなったんだろう?
出血した血は吸収された。じゃ、その時死んだ細胞たちの死体はどーなった?
死んだ細胞は再生しないんでしょ。死にっぱなし、放置されてるのか?
ちょっと調べたらいろいろ書いてあるのがあったのだけど、コレがナカナカ難しい
ちょっとかいつまんでみた。
オレがまとめてるのでオレの解釈。でもまったく間違っていることはあるまい。

組織が死滅したあと、まず細胞と細胞との間に広い隙間ができる。そこに脳浮腫液という液体がたまる。その中でマクロファージ(含食細胞)が壊れた組織の掃除をし、アストロサイト(グリア細胞)がその後、ニューロンを育てる因子を出し、周辺のニューロンに突起を伸ばすように促す。
失われた機能を回復しようとすると、周りの細胞の活動が活発になって、それが「痺れ」としてあらわれる。とか。
その事は紀子も言っていた。
ってことは、「痺れ」がおさまるというのは脳の再生が終わったというコトなのか?
じゃあ、痺れが無いのは脳の再生はしていないってコトなのか?
いずれにしても、脳細胞は再生しないって言うけど、脳の再生というのは行われているらしいよ。
そうこなくっちゃね。再生医療界、もっとがんばってくれよ。
小保方晴子
あんまり晴子ちゃんをイジメテないでさ。
痺れがあるオレの場合、まだ再生の途中か。

まさに隙間を埋める作業、そんな感じなのかな。新しく回路を造るってそういうコトみたい。
まぁ、ある程度動くようになっているってコトは埋まってきては、いるんだろう。
プラモデルのパテ埋め作業と同じか?まず埋めてからキレイに仕上げればイイ。
埋めて、回路を造って、仕上げる?やっぱ動かせってコトか。
確かに大分キーボードも打てるようになって来たけどね。
痛くても痺れてもまぁ、我慢して動かさなきゃ。くそー、まだ我慢しなきゃいけないのか。

Now I'm Here
Queen
クィーンの曲。シア・ハート・アタックA面1曲目だっけ。
放題「誘惑のロックンロール」なんでそんなタイトル?
高校の時にコピーしたな。

I'm Standing Here同様、今、僕はココにいる。
「ココにいる」好きな言葉だけど一番見失いがちな言葉
 
author:yone, category:脳出血, 14:20
comments(0), trackbacks(0), - -
I'm Standing Here vol.121 ちょっと怖い話
JUGEMテーマ:脳卒中


Facebookで過去の今日みたいなのがタイムラインに上がってくる。
3年前の倒れて入院してた頃の記事や、バンドに戻った頃の記事、倒れる以前の記事、
あ〜、こんなコトやってたなぁ。出張と夜間作業ばかりやってたな、この頃はまだ元気だったのか、とかね。
まぁ、動けた頃が懐かしいなって思うのも正直なとこだけど、
倒れて2年って月日がなんだか短いような、でも身体のこと考えると長いなぁ、まだ痺れ取れないしなぁ、って思う。

同じような脳出血とか脳梗塞とかイワユル脳卒中の人でがんばっている人なんかをネットやらなんかで見かけるけど、
みなさん、発症から10年とかけっこう長い年月。でも多少手足どちらかに麻痺が残ってたり、何らかの機能障害が残ってたり
する人もいる。
そうなると、オレはどうなっちゃうのかなって考えてしまう。
オレはもしかしたら、この痺れってヤツが後遺症として10年以上残っちゃうのかな。
コレはマジでホントに今、恐怖です。いろいろリハビリ、やってきたけど、今のところ痺れに対する効果ってうすい。
シビレに対する治療っていっても、ほとんど無いに等しいようで、慣れる、感じ方を変える、認知運動療法、精神的な部分に依存しなけりゃいけないのが現状なのかな。
異常感覚の治療ってそういうジャンルなのかもしれないけど、どうしても痺れるからごまかしようがないんだよなぁ。
シビレ節
それでも、痺れは取れてくれる、痺れさえ取れれば元に戻れるんだ、って信じて毎日を生活してるんだけど、
正直、マジで今、とても辛いし怖い。
こういう気持ち、何回繰り返せば気が済むのか?早く治りたいな。
author:yone, category:脳出血, 22:39
comments(0), trackbacks(0), - -
I'm Standing Here vol.120 2年半が過ぎて
JUGEMテーマ:脳卒中


そうなんだよ、2年半経ってるんだよ。
コレが長いのか短いのか。月日の感じ方はその時々のコンディション、シチュエーション等
いろんな要素に左右される。
脳出血なんて大それたコトやって、まだ2年半かって気持ちもあるし、
もう」2年半も経ってるのに!って気持ちも強い。
最近はもう2年半もこんなだぜ!って思ってしまう。
左足の痺れが引かないんだもの。
そして最近、右足の痺れが強くて困る。さらに膝の関節が痛くて困る。
ついでに左の指先まで痛くなってきてる。
もう、なんでまだこんな日々が続くのだろうか?
なるべく明るくと言うか気にしないように過ごしちゃいるけど、めげる。
前も書いたかもしれないけど、この日までには何とかならないかな、とかなって欲しいなとか区切りをつけて過ごしている。
今日はプロ野球開幕だ。千葉ロッテ本拠地開幕だぜ!この日にはもうちょっと、桜の頃にはもうちょっと…
なんて思ってたんだけど、コレですか…。
何でなんだろう?敏感になってきてるのかな。
神経細胞が繋がってきてるんなら良いんだけど、変な風に感覚神経が認識しちゃってたら困るよなぁ。
おかげで、若干イライラしてたりするもんだから余裕がないのだ。
自分に余裕がないってのはイヤだね。
ちょっとしたことにイライラするよ。
fucking

基本的にオレが嫌いなモノ。自分に余裕が無いから特に目に付きまくるのだ。
何故、忙しぶって、張り切るんだろう。張り切っても良いけどこれ見よがしに
「どう?オレこんなに忙しいんですよ。はぁ〜、参っちゃうなぁ〜」ワクワクしてんじゃねぇよってね。
頭なでなで
「あら、えらいわ〜がんばってるのね〜」って言って欲しいんだろうか?どうなんでしょ。
あと、肩書きが好きなヤツ。○○長とかそういうの。
「長」が付いててエライ気分になりたいかね。やっぱなりたいか。それはいい。
だけど、そういうヤツに限って、ハンパなのが多い。長なら長らしくしなさいよ。
オレに逆らうヤツは覚悟しろとか権力を行使するのが「長」じゃないだろ。もう何なのよ、気持ち悪い。臭いんだよメンドウが。
ホントならバカがなんか鳴いてるぜで済むハナシなんだけどね。
余裕が無い分、イヤな人間になってるんだろうな、オレって。
余裕が安寧が欲しいよ、どっかで売ってないかな?
author:yone, category:脳出血, 12:09
comments(0), trackbacks(0), - -
I'm Standing Here vol.189 ただの記録その2
JUGEMテーマ:脳卒中
 

だからどうにもならないというか、なるようにしかならない訳で、
こんなことを思ったからって何かが進展するわけでも解決するわけではないコトも
わかっている。
後で、読み返した時に「あ〜、このころのオレはこんなだったっけ。」とか思えたらいいなと。
あと、記録しているコトで自分を落ち着かせているんだってコト。
あまりにも弱音を吐きすぎて余計なコトを発信しすぎているって。
ココまで弱い部分をさらけ出すのもいかがなものか?とも。
いいコトなのか、どうなのか?ま、いろいろある。いろいろ
基本的に、そんなに強い人間じゃない。大した自信があるわけじゃない。
でも舐められないようにってオレは虚勢張って生きてきた。
でも、この病気してからはさらに弱い人間になったのも自分じゃイヤというほど思い知らされている。
唯一自信のあったベースを弾くこと、ギターを弾くこと、そしてステージに立つってコトがうまくできていないから。
全く弾けなかった頃と比べたら雲泥の差なのはわかってるけど、思ったようにいかないし、
今まで、それなりのやり方で案外うまくやって来られたから余計落ち込んで行ってるコトもわかり過ぎるくらい自分では把握している。
もう、退院してからやや1年半、毎日ずっと。
良く飽きないね?いや、いい加減、もう飽きてます。
飽きてるからってほっぽっとけないのがこの痺れだ。
この前、高校の時の連中と久々に会った。
「もう普通じゃん。歩くのもしゃべるのも」「ライブもやってるし」「もう、完全復活か?」
「良かったよ、ここまで戻って」
大学の先輩も「良かったね、笑顔が戻ってきてるよ」と紀子に言ってくれたそうだ。
うれしいよ。ありがとう。車いすでふさぎ込んでいたオレを見てるから余計だよね。
そうなんだね。見た目はもう今までと変わらない。
後は、オレがこの状態をいかに普通に、いや、こんなに良くなったんだって考えるかなんだろう。
わかってる、そんなコト。
ただただ、手足の痺れが全てだ
毎朝、「あ〜今日もしびれが取れないか〜。ってことはまた明日以降ってことか。」
痺れ、痛みを訴えるのは脳出血の方が多いらしい。
まず、脳神経外科の方々は後遺症の痺れと痛みについて改善するように頑張ってくれないかな。
動くとか動かすってのはリハビリ根性論だ。動きたかったら動かせが主流。
全てのリハビリは本人の気合と根性。
痺れや痛みも気合tと根性で治まるならやるし、やり方を教えてくれないか。
そうじゃないからどうしようもない。さらに医者にどうしようもないって言われたらこっちゃどうしたらいい?
痺れさえ飛んでくれれば、なんでもやってやるのに。囚われているのか。どうやって克服すればいいのやら。
痺れて痛くて、それでも体を動かして、慣れない仕事を必死でやって、何となく追いつめられて、それでも毎日のノルマをこなして。
オレがやりたいことって何だったんだろう?最近、そんなコトまで見失っているような。
「ごめんね、私がもっと治してあげられたら」そんなこと言わないで。あなたのおかげでオレは生きている
もう、半分以上は過ぎたオレの。
いまだにたまにある、ものすごく落ち込んだ暗い陰鬱なオレ。
オレ、どこ行ってしまったんだろう。まだ帰って来てないみたい。
Home, home,home
HOME
author:yone, category:脳出血, 12:42
comments(0), trackbacks(0), - -
I'M STANDING HERE Vol.118 ただの記録
 JUGEMテーマ:脳卒中


なんだかここのとこ、手足の痺れがキビシくてなぁ。とりあえず、書き連ねてみる。ただの記録。
そう言えば連休。
ココもオレの中で一つの区切りだったんだけど、
倒れてそろそろ2年。

1年と10か月くらいだったこの連休までにしびれが取れていてほしかったな。

絶対にしびれが薄くなってきているはずなんだけどね、どうも実感できない。
あとどれくらいすれば、こんなコトばかりだ。

痺れて痛いなりに動いているんだけど、動いているから良しとするか。
そう考えるしかないんだろうな。

月日が経てば癒えてくる?いつなんだそれは?
発症して
まだ2年とか、いやいや、もう2年もなんだよな。オレにしてみると。
なんだかね、
ココ数日、痺れが強い。左側が重たい、筋が痛い。歩く度に足の裏が痺れる。歩きたくない。でも、そうもいかない。メゲるぜ。
手、指から伝わる感覚が弱いし、痺れるし、痛いから手も使いたくなくなる。例えば、紀子と手をつないでいても、感覚が弱いし、痛いからずっと手をつないでいられない。
極端な話だけど、温もりが感じられない。まったくでは無いけれど感覚がとても弱い。
確かに、以前は触った感覚も無かったんだから、それと比べれば、とは思うけど、正直、メゲる。いつまで続くのか、この左側の異常感覚は。
こんな状態だからベース弾くってのも実はちょっと大変。ギターなんて弦が6本あるしもっと大変だ。それでもコレは、ベースを弾くことはオレがオレであるための唯一の手段なんだから。
そんな風に一応、毎日を生きているけど、痛みと痺れにもっていかれることがとても多い。めげる。
動きたくない。でも、寝てても左側の違和感は消えない。
倒れてから、できないコトが多いから、考えてることは倒れる以前と全く変わらないもんだから、
気持ちはやりたくても動かないコトで フラストレーション、不満、やるせなさがたまっていく。
毎日が疲れて何もしたくなくなるよ、正直な話。
こんなコトを考えてこんな生活するようになるなんて。いやいや、まったくどうなるかなんてわかんないもんだねぇ。
他人事じゃないよ、オレのことだよ。
めげるって漢字でどう書くのかなって思って調べたら、
「負ける」とも書くらしい。
さらに意味が「1 気力が失われる。負ける。ひるむ。2 こわれる。欠け損じる」と出てきた。こわれる、欠け損じる か。正に欠け損じてるよ、オレ。
言葉ってすげぇなと改めて思わせてもらった気がした。

author:yone, category:脳出血, 15:46
comments(0), trackbacks(0), - -