RSS | ATOM | SEARCH
CRY at Black & Blue ;Kichijyouji-2017-09-22

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

 

ってさてはクライ、今年一発目のライブでした。

メンバーの都合がナカナカ合わないし、

みんな別にバンドもやってるしね。

そんな中、リハをこなし、新曲もできた、
やるじゃん!クライ、Rock'n'Roll King!
そんな訳でライブ無事に終了。
当日、雨の中、
さらにライブハウス Black & Blue、
空調が壊れて蒸し暑い中、観に来てくれたみんな、
ホントにどうもありがとう!!
倒れて以来、ちょっとステージをやる回数も減ってきたけど、
こうして、ライブができるのはありがたいし、嬉しいコトなのです。
奇しくもこの9月22日、3年前(9月20日)なんだけど、ライブハウスに復帰した日でした。
おかげさまで着々とやってこられてますなぁ。
nawomi18
普段は隠れてしまうコトが多いリョーさんの写真もね。
nawomi06
セミ・アコースティック・ベース
Epiphone Rivoli II
もだんだん使い慣れてきた感じもあるし。
どうかね?だんだん、似合ってきて無いかね?
なにしろね、いい感じでやれたのが嬉しかった。
新曲もStonesタイプで評判もナカナカよろし。
CRY at Black & Blue ;kichijyouji 2017-09-22
oriko01
"Rock Father Blues"
Set List
1.I Wanna Be Your Dog
2.森の中へ行こうよ
3.メリー・ゴーランド
4.すけこまし〜Mona
5.Baby, I Love You
6.情状の余地無し(新曲)
7.ブライアン・ジョーンズ
写真はナオミちゃん、紀子が撮ってくれたのを使用。ありがとう。
年末になるかね、年内もう一回くらいやれたらイイな。
author:yone, category:LIVE, 11:11
comments(0), trackbacks(0), - -
CRY LIVE information !

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

 

さて、もう9月な訳です。

ライブのことを書くなんてすげぇ久しぶりだ。


そうなんですよ、ロッケンローバンドCRYが久しぶりにライブをやりますよ。


メンバーの都合がナカナカ合わない中、ぼちぼちがんばってます。
都合が合ったら、ぜひ観に来てくださいよ。ぼちぼちがんばってますので。

ライブ詳細

平成29年9月22日(金曜日)
場所はいつもの吉祥寺Black & Blue
”Rock Father Blues" カッコイイタイトルだね。
CRYは2番目20:10からのスタートです。

cry20170922

Cry The Rock'n Roll King!!

みなさま、よろしくお願いしますね。

author:yone, category:LIVE, 12:13
comments(0), trackbacks(0), - -
CRY at Black & Blue ;Kichijyouji-2016-12-30

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

 

開けましてオメデトウございます。

新年スタートか。

2016年締めくくり。
以前も書いたけど今年も最後にライブが出来て良かった。
年末に観に来てくれたみんな本当にありがとう!!

20161230-01
CRY at Black & Blue,kichijyouji 2016-12-30
Set List
1.opening New Rose(The Damned)
2.メリーゴーランド
3.森の中に行こうよ
4.Walking The Dog
5.Baby I Love You(vo.たっちゃん)
6.スケコマシ〜モナ
7.ブライアン・ジョーンズ
8.I Wanna Be Your Dog
9.いいんだぜ

どうでしたでしょう?

今回のライブはよく出来ました。
それもね、よっぽど前回の新宿のライブがエラかったようで、
それのギャップも手伝ったか?
「要は飲み過ぎなきゃいいんだよ」と。お酒のせいにする訳じゃないけど、
でも、今回は演奏してて「いいんじゃないの」と思えた。
コレはオレなんかホントに久しぶりだった。


今年年末にいいライブが出来て良かったです。
一緒に時間を過ごせたみんなに感謝です。

コレはココで書いておこう、と。
指の動きが悪いので、思ったようなフレーズが弾けず、運指に気が取られると、構成が飛んだりしてた。
もともと、コードを追うというより、ラインで覚える弾き方してたので、フレーズが引っかかるとコードが分からなくなる。
なので、コード展開が多い曲は指の動きがかするとダメになる。
だけど、このスタイルでずっとベースを弾いてきたし、コレができなきゃ元に戻れないと思ってた。
浮かんでくるフレーズは指の動きが悪いし、動かないからキビシいけど、良いと思って浮ぶんだからやりたくなる。
だけど、できないと、曲が流れない。コード間違うんだから当たり前だ。
ずっと染み付いてきてた3コーも、昔からそういうトコはあるけど、運指が気になって展開が飛ぶ時がある。
まぁ、そんなこんなでやってたけど、コード間違うならルートでやって、といわれた時、ちょっとキツかった。
スタイルを崩さないともう対応できないのか、と。このまま元には戻れないかもしれないかな、
ベース弾くのキツイな、と。
結局、バンドに迷惑がかかる、コレじゃ楽しんでなんかお互いにできないじゃない。
なんだか、このままだとマジでベースがキツくなってきそうで、これじゃ音楽やめちゃうのかもなとか思ったり。
そうしたら、マジでオレのアイデンティティー無くなっちゃいそうだな。

髪の毛切っちゃおうかな、坊主にでもするかな、とか。
いつまでも、指が動かない、痺れが取れない‼︎って引きずってる

それが原因なんだろうけど、実際そうなんだもんな〜

 

でも、今回のライブは何かスッキリできた。
指もまぁまぁイイカンジだったし、
多少、気になって展開が飛んだトコもあったけど、全体的にスッキリできた

20161230-02

Black & Blueはクライに合ってる気もする。

クライというロックンロールバンドだったから良かったんだろうなと思う。
3コードが救ってくれたんだろうな。
コレで吹っ切れた‼︎ってトコまでは行けないかもだけど、今はだいぶ楽になった


今年、去年か、いろいろ嫌なコトばかりだったような気もするけど、最後に楽になった。
終わり良ければ全て良しだね。

今年はもっと楽になって行きたいもんだ。

author:yone, category:LIVE, 11:24
comments(0), trackbacks(0), - -
CRY LIVE information !

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

 

ベースを始めて、バンドを組んで、ライブをやるようになって、
だいたい四半世紀以上。
音楽をやってきてずっと、なんだかんだでだいたい毎年、年末にライブがあった。
自分で演ったり、観に行ったり。
今年も年末にライブができます。非常にありがたい
今年のバンド納めはロッケンロー・バンド・クライです。
そんな訳で
CRY Live Information

平成28年12月30日金曜日

吉祥寺Black & Blue→web

「年忘れロックショウ」まさに!!

open/start...18:00 /18:30
charge.......¥2500+1drink

CRYは1バンド目で18:30からスタートです

CRY1230

クライ、ブラック&ブルー好きだな。
で、今回は、The Jaypers(ジェイパーズ)と対バン!
リキさんのギター久しぶりだな。
年末もイイトコだけど、時間に都合が付く方はぜひ来て。
今年もイロイロとエライコトが起こったけど、
最後はパッと華やかに年を締めくくりたい!もんだね〜!

 

 

author:yone, category:LIVE, 17:46
comments(0), trackbacks(0), - -
CRY at Golden Egg;shinjuku,kabukicho. 2016-09-18

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

 

 

CRY at Golden Egg ;shinjuku, kabukicho 2016-09-18

cry09-18-02

SET LIST
1.I Wanna Be Your Dog
2.恋をしようよ〜Mona
3.森の中へ行こうよ
4.Baby, I Love You(g.たっちゃんVocal)
5.Walking The Dog
6.オカマ野郎のロックンロール
7.Brian Jones
8.いいんだぜ

 

連休の中日、しかも、お彼岸でお墓参りの後って方も何人か。
来てくれてありがとうございました


新宿ゴールデン・エッグは初めてだけど、ホント、ライブバーでクライには似合った感じの場所かな。
初めて来ましたが、けっこう音がいいじゃない。ドラムは一切音を拾ってない生音なんだけど、
コレ、せめてスネアとバスドラムだけでも拾えば十分いい音を聞かせられると思った。

 

ナカナカやりやすかったってコトなんだけど、

CRY09-18-01

なかなかルーズすぎた演奏でしたね。
みさ姉が言ってたけど「いいのよ。コレもロック!だから」ラフとか粗い演奏だとか、
ロックって言えば聞こえも良いかってコトね。


クライは基本3コード主体だから、遊べる分、みんなの意思疎通が取れなくなると

どうしてイイか分らなくなります。
次は歌にする?リードに行く?もう一回まわす?ここで終わる?とかそういうのね。
概ね、ドラムに合わせるのが一番しっくりくるもんなんだけど…

それもウマク行かないとヨレヨレになります。

CRY09-18-03

3コードは自由だけど、その自由過ぎるが故の悪い方が出てしまった訳か〜。

昨日はまさにそんな感じね。

もう少しオレがねウマク立ち回らないとイケなかったんだけどね、
ベースなんだからさ
コレがヨレずに紙一重でビシッと決まると何とも言えなくカッコいいんだけどね。
ある意味、こういうスリリングな演奏もロックってコトで。

毒イトー
カッコイイ部分もあったでしょ?

ヨネ・たっちゃん03

ヨネ・たっちゃん
いつもより写真多めで…。

来ていただいたみんな、本当にありがとうございました
この後のスケジュールは未定ですが、もう1つくらい演れるのかな。


決まったらお知らせします。

 

author:yone, category:LIVE, 11:36
comments(0), trackbacks(0), - -
CRY LIVE information !

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

 

 

オレはミュージシャンな訳だ。あ、訳です。

ベーシストな訳です。そんな訳でライブをやりますよ。

 

 

ロッケンロー・バンドCRY復帰ライブ第2弾です。

CRY2016-09-18

平成28年9月18日 日曜日

新宿・歌舞伎町 ライブ&バー ゴールデンエッグ →Web(http://www.g-egg.info/top.html)

OPEN  18:30

START 19:00

 

CRYの出番は3バンド中、2番目19:50〜

 

チャージ¥1,500+drink

 

日曜日の夜か〜と思いきや、次の日お休み、3連休の真ん中ですよ
また、イイトコに滑り込むねぇ。

今回もイージーにがんばるぜ。

ぜひ、よろしくお願いします。

author:yone, category:LIVE, 15:35
comments(0), trackbacks(0), - -
CRY at Black and Blue;kichijyouji 2016-08-05

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

 

 

CRY at Black And Blue ;kichijyouji2016-08-05

CRY
Set List
1.I Wanna Be Your Dog
2.森へ行こうよ
3.Walkin' The Dog
4.Baby, I Love You(g.たっちゃんVocal)
5.恋をしようよ〜Mona
6.ブライアン・ジョーンズ
7.いいんだぜ


3年ぶりのCRYライブ、来てくれたみんな、どうもありがとう!!
なんと、アイちゃんがヒロシさんのお見舞いついでにわざわざ足を運んでくれたよ。
最初、マジで、アイちゃんってすぐ分からなかった。
いると思わないもんな。

あ、ありがとう。(あれ?似てるな、アイちゃん?いや、誰だっけ?)
リアクションがうすかったよ。
人間、ホントにびっくりするとリアクションなんてこんなモンだ。
対バンもロック、ブルースとなかなか良い雰囲気。
出番が9:30からだったにもかかわらず、けっこういてくれて、嬉しい限り。
なかなか良い感じで演れたと思う。

今回はね、イトーさんの持ち曲「いいんだぜ」を、
クライで演れたのが個人的にすごく嬉しいコトなのだった!!
クライ始めた時からコレは演りたくってね。
そうこうしてたら、3年前、オレ倒れるし。

 

それから、クライでライブやると、どうしてもね、コレはやりたくなるんだよ。

yone-ito

先ずはイトーさんトコ、メインのマイクに。

yone-tachan

あと、たっちゃんトコ。

ドコ行ってもやるね、コレは。

 


初めてビートルズのを観て以来、

Beatles
ストーンズにしろ

Stones

エアロスミスにしろ、

Aerosmith

ドールズにしろ

New York Dolls

ハノイロックスにしろ

Hanoi Rocks
1本のマイクでのコーラスはロッケンローバンドは必ずやらなきゃイケないんだよなぁ
これはね、

ロッケンローバンドをやる上での義務なんだよ。

 

CRYってバンドはストーンズタイプの良くも悪くも「日本の」ロッケンローバンド。
村八分とかルージュとかそう、ちっとも「悪くない」よ。
イージーな、オレの1つの理想のバンド。


そのバンドに帰ってきました。観に来てくれたみんな、

ホントにアリガトウ!楽しかったよ!

 

 

author:yone, category:LIVE, 15:00
comments(0), trackbacks(0), - -
CRY LIVE information !

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

 

 

ロッケンローバンドCRY、ライブやります。
はい、そうです、オレ、クライに復活します
3年前ぶりのクライ・ライブ。クライとしては6回目、オレは5回目のライブ。
けっこう回数やってたんだな。オレ、倒れてなきゃもっとやってたんだね。
ホント、迷惑かけたなぁ。
でもね、やっと復活します。ありがとう!

cry0127
#1.Cry at 水族館,新大久保 平成25年1月27日

 

cry03
#2.Cry at 曼荼羅,吉祥寺 平成25年3月9日

 

cry0505
#3.Cry at 曼荼羅,吉祥寺 平成25年5月5日

 

cry0623
#4.Cry at Black & Blue,吉祥寺 平成25年6月23日

オレもライブ自体久しぶりだ。
久しぶりにチラシも作ったよ。フライヤーか。いや、オレのはチラシだ

 

cry0805チラシ

改めて詳細。
平成28年8月5日
クライ ライブ at Black & Blue 吉祥寺 in Friday Party Rock
クライの出番は9:30p.m.からです。
行き方はコチラから→http://homepage2.nifty.com/blackandblue69/access/index.html

どーでしょう?
Rock'n Roll King;CRYです。
ロッケンローです。勢いです。でもイージーです。
3年ぶりだぜ、きてちょうだい

author:yone, category:LIVE, 21:05
comments(0), trackbacks(0), - -
Hiroshi Story #2 ACID HEAD LOVE presents Groove Junkies vol.2 2016-04-23 at Mission's;kouenji
JUGEMテーマ:No Music, No Life


前回Hiroshi Story #1からの続き。今回は長いので覚悟してください。
ACID HEAD LOVE Scramble Spin Off Band
ACID HEAD LOVE
taro
TARO on Bass
kenji
Kenji on Drums
yone-yama
Yone on Vocals & Yama-da on Guitar

Set List
1.Sonic Flower Movement
2.kikoeteirukai
3.We're Standing Here.
4.Primitive
5.Sonic Flower Movement(repriese)

そんな訳で始まりました。Groove Junkies Vol.2!!


Band01:Grilled Dumpling
グリダン
基本というかホントはアコースティック・デュオなんだよね?
今回はバンド形態、エレキギター、アコースティックギター,ベース、ドラム、ボンゴ。
ま、これだけ見れば、なるほどアコースティックな感じもするよなぁ。
でも、アコギの山ちゃん、アコギにエフェクターかまして、歪ませますとかP.A.に言ってるし。
これでヴォーカルのダイダイがDishargeよろしくデスボイスだったら、マジでなんだか分からんぞ。
という、懸念は全く関係なく、ダイダイも普通に歌ってるし、ドラムも入ってリズムを強調した曲調。
そこにメタルな様式美を感じさせるギターソロが重なりなかなかの完成度。
さすが山ちゃんプロデュース。持ってくるじゃないか!
「ダイダイちゃん、可愛かった!」と紀子談
素晴らしい幕開けでした。

Band02:ガールフレンド
ガールフレンド
オレの大好きなバンドの1つ。
超強力女性ボーカルハダコ擁するガールフレンド!
今夜もたっちゃんのアマティスがつんざき、
ハダコのシャウトが切り裂きました。
ハダコ
攻撃的な曲が多めで、フロアもかなりヒートアップ。

Band03:The Rudies(ザ・ルーディーズ)
The Rudies
Vol.1から引き続き出演してくれた先輩のバンド。
今夜も黒いヨコ乗りビートがフロアを揺らしました。
ヒロシさんも大好きな当時の名曲「僕はナイフ」も演ってくれました。
マジで泣きました。途中でサングラスで隠しちゃったよ。
渋いんだけど、全編そこはかとなく尖っている。そこは幾つになってもロックなわけだ。あ、わけです。

Band04:SLEEZ SISTERS(スリーズ・シスターズ)
sleez Sisters
オレの中で今回の目玉の1つ、ロックでパンクな暴走お姉様たち。
ricojett
オレのRock'n'Roll Queen、リコさんのSG jr.が切り刻んでくれました。
マナやんのタイトなビートにリカコさんのダウンピッキングが絡みつく。
miho
ミホさんのシャウトがホールを揺らす。
「アタシ達は楽しいのよ、アンタたちも楽しんでる?」って感じで
時折見せる笑顔がたまらないです。
Sleez02
もう、スリーズ大好き!
最高のステージでした!あ、これからはライブの映像は撮るようにしてくださいね。
だって後で観たいんだもん。

Band05:GENTA(ゲンタ)
GENTA
働けブルースボーイ高瀬さん率いる黒いビートのオヤジ?アニキたち。
ヨコなんだけどタテ乗りな攻撃的なビート。まさにスネークビート。
高瀬さんのシャウトは身体に染みこんでくる時、涙が出てくる。
だよなぁ。

今回のバンドたちもすごかったぜ!

そして、終始盛り上げてくれたDJs

Captain:Copy Cat
captain:copy cat
&
エレキャット
エレキャット
進行をばっちり仕切ってくれて、選曲もバッチリ、転換時とか全く心配するコトなく淀みなく…ありがとー!!
おつまみコーナーを手伝ってくれたナオミちゃん。ありがとう!!
コレで酒飲み放題、ツマミ付きでお客さん大満足じゃないか?

ヒロシさん、すごかったぜ、もったいないことしたな。
悔しかったら…多分みんな、ヒロシさんを悔しがらせてやれ!
みたいなとこで煽ってたんだと思う。

っていうか、この後アシッドかよ!?オレが歌うの!??ちょっと待ってくださいよ。
ふだんから、ライブ前は緊張甚だしいよ、オレは。しかしもう緊張の嵐が吹き荒れてたよ。
先輩の一人が言ってたようです。「いつものヨネじゃない」
だってその通りだもの、いつものオレじゃないもの。ボーカルだもの。
全く、困るんだよヒロシめ〜!
自分でも分かるこんなに緊張したの初めてじゃないか??
楽屋では山ちゃんが、「オレも緊張してるんですよ、でもやるからには楽しまないと!!やれますよ!」
励ましてくれた
楽屋にミホさんが顔を出した。
「よねくん、顔カタいよ〜大丈夫、大丈夫!」
励ましてくれた
エレキャット・ユースケも楽屋に
「ヨネさん!やってくださいよ!観てますよ!」
励ましてくれた。励まされすぎ。さすがメンタルの弱さ露呈しまくり。
でも、だんだん、ステージ出ちゃえば何とかなるか!って思えてきた。

みんなのおかげだ。なんとかやったさ、やってやったさ。
みんなのおかげだ。最後の曲We're Standing Here!ではみんなでシャウトだ。
standing here01
ミホさんと歌っちゃったよ。
yone-miho

standing here02
みんなが歌ってくれたんでうまくいったよ。
ヒロシさん、声高ぇ〜んだよ。キーが合わないよ。
軽く前田にdisられた。「ヨネさん、歌ヘタ」うるせぇ必死だよ、こっちゃ。
ダイダイが記録してくれたステージ。ありがとう。
https://www.youtube.com/watch?v=gXqGqAVGBBs&feature=youtu.be
ホントにヒロシさんに届いたような気がします。
standing here03
ホントにあの場所にいて叫んでくれたみんな、ホントにありがとう!!
以下、ドラムのケンジより皆さんへのお礼を…ケンジフェイスブックより転載します。

Kenji said
kenji said

改めまして、
 昨日のGroove Junkies vol.2
お越しいただいた方々、遠方からも想いを届けてくれた方々、
 本当に有り難うございました!

 お越しいただいた方々はおわかりになると思いますが…

大成功!!!

と言ってよいと思います!

最初から、アシッドの出番まで5バンドずっと応援していましたが、
お世辞抜きで、本当に、良いバンドばかりで
 ずっと飽きずに、心の底から楽しめました。

アシッドのステージでも、
 最後のWe're Standing Hereで
 たくさんの人がステージに上がってくれて応援してくれて
皆と一体となったお祭りって実感しました。

企画の最後に伝えさせてもらいましたが、
俺たちは、そして、ヒロシは
 これがやりたかったんだ、そして夢が形になったんだって、
 最後まで終えたときに感じました。

ステージから見える客席の方々一人ひとりの表情に
想いがあふれて、応援してくれているのがホントに有り難かった。
 「感動した」って何人の人からも言ってもらえて
企画やって本当によかったって思いました。

昨日の企画は、素晴らしい出演者の方々と
応援・激励してくれた方々と
mission'sのスタッフの方々
 皆に支えられて成功できたのだと、心の底から思います。

その皆の想いを1つにしてくれたのは
 ヒロシです。
その場には居てくれなかったけれど、彼への皆さんの想いが
 この企画を成功に導いてくれました。

現状は、まだ入院中で面会も家族だけに限られた状態です。
 寝たきりの状態ですが、反応はあり、
 主治医の話では徐々に回復に向かうという話だそうで
僕等は今は待つしかありません。

彼が元気になったとき
昨日の企画の成功をきっと喜んでくれて
「チクショー、vol.3やるぜい!!!」って
 ヒロシ節で言ってくれる日が、
1日でも早く来ますように。


ヒロシへの想いと
企画成功への想いを届けてくださった皆様
 本当に有り難うございました!
…きっとまた、できますから!!

チロチへ
We're Standing Here!
 俺たちはここにいる!


さらに、ベース タロウより同じく転載します。

GROOVE JUNKIES Vol.2から一夜経ちました。

全てが終了した途端、アタマの中には「心の繋がり」って言葉が詰まってました。

ステージで心から叫ぶヒト。
客席で心から叫んでくれたヒト。
この企画を心から支えてくれるヒト。

みんなの心が繋がッたからこそ、あの素晴らしい一夜を過ごせたかと。

本当に素晴らしい場、時間を一緒に過ごせた事、ありがとうございました。

ステージから見えたみんなの顔がキラキラ輝いてました。
おそらく、それを見たオレの顔もキラキラに輝いてたことでしょう。

これを見たいんでしょ!!
 精一杯感じたいんでしょ!!
ヒロシさん!!

さあ、今度はアナタがみんなにキラキラした顔を魅せる番だ。

大丈夫!! オレたちはココにいる!!
We’re Standing Here!!!!


オレも、ケンジさん、タロウさんと同じ思いです。
さて、そろそろ目を覚ましなよ。
あの時、オレに言ってくれたセリフを今度はオレから、オレ達はココにいる。
We're Standing Here.

写真は撮ってくれたみんなのを使わせてもらいました。ありがとう!
長かったねぇ。お疲れさま…振り出しに戻る→#1


 
author:yone, category:LIVE, 22:31
comments(0), trackbacks(0), - -
Hiroshi Story #1
JUGEMテーマ:No Music, No Life



大変なことが起きた。
ヒロシさんが倒れた。
ヒロシ
しかも脳出血だ。
オレとおんなじ病気に。

なんと言って良いか。とてもキツいのが正直なとこ。

備忘録的に当時の時系列を

4/16に本人が病院に行くと言って出かけてから連絡が取れなくなったと紀子のトコに遠距離恋愛の彼女からメール。
それを聞かされたのが18日の17:00頃
それで、近所に住む先輩を初め、同期の先輩達数人に連絡を取り、心配だからと紀子と2人でアパートまで行ってみた。

部屋のカギは開いていたのだけど、中にはいなかった。

「仕事行ってればいいんだけど」「とりあえず部屋で倒れてなくてよかった」「携帯こわれたとか?」
と梅屋敷の駅前の店で紀子とハナシをしていたが、だんだん怖くなってきた。

部屋は床が見えないくらいモノであふれていたから。
「まさかいないよなぁ。」「アレでいたら怖いよね」それとも「事故ってないだろうね」
もう、不安だったところに、近所に住む先輩が来てくれた。

先輩の顔見た時、本当にほっとした。マジで泣きそうになった。
石渡さん来てくれて本当にありがとうございました。

それで、石渡さんともう一度、ヒロシ宅に向かった。道すがらヒロシ携帯に電話をかけていたら、着いた時につながった。
ヒロシ兄が出て「実は今、入院して集中治療室に…、母と代わりますから」緊張した。
ヒロシ母と代わって話を聞けた。

16日土曜日、路上で倒れているところを発見され、路上といっても医者を出たところで倒れたようで、
その医院の方がすぐ気付いて救急車の手配などしてくれたとのこと。
 放置されていた時間がほぼなく、それが不幸中の幸いと言うのかも。
普段は配送業。運転中でなかったのもよかったのか。
なにしろそのまま救急搬送。即手術だったそうだ。
左側出血で、意識はまだ戻らず。主治医の話だと徐々に戻るだろうとのこと。

これを書いているのが22日,10:00a.m.

この時点で、まだ連絡は無い。意識は戻っていないようだ。キツいなぁ。

そして、明日4/23ACID HEAD LOVE 企画の「Groove Junkies Vol.2」
当然中心で動いていたのがヒロシさんな訳で。
出演バンドにも激震が走ります。
さらに動揺するアシッドのメンバー2人 ヨネ、ケンジ。
今更中止には出来ない。ライブはやろう。
アシッドも出来る形で演奏しよう。
とはいえ、やれると言っても限りがあるよね。

ベースをタロウさんに。またしても救ってもらうことに。
オレの時に続いて今回も。すみません、ありがとうございます!!ピンチの時にタロウあり。男気発揮
と言うことはこれってヴォーカルは当然オレってコトになるよね。うーむ。イケるかしら?
でもソンなコトは言ってられないのであった。

さてギターは?ココは前回レコーディングのエンジニアのDishargeの狂乱ギタリストの山ちゃんにお願い。
今回はGrilled Dumplingで出演してもらうにもかかわらず。頼みました。快諾する山ちゃん。ありがとう!!
やれることは何でもやりますよ。男気発揮

と言うことで、アシッド壮大なるスピンオフバンドが結成されました。
リハは前日の2時間だけ、でもあって良かったよ。

しかしね、みんなは普段のパートだから良いけどね。
オレはヴォーカルだってよ!!?そりゃあ、 The Starr Bootleggerzのヴォーカルだったけどそれは1年も前の話だし。
歌ってないし、ヒロシさんの節回し独特で難しいんだよなぁ。
うーむ。しかしソンなコトは言ってられないのであった。

このみんなの思いはヒロシさんの元へと届いてくれ〜!!

今回、さっきも書いたけど、マジでキツい。オレも脳出血やってるからかな、いろいろと思うとこあるし。
当人もキツいけど、周りは本当にキツいんだなって。
ましてや意識も戻っていない今。こっちは待つしか無い。
オレがやった時、友達の一人が言った言葉「待つ方もツラいんだよ」
この気持ちがよく分かった。オレはあの時、みんなのチカラのおかげで戻ってこられた。
でも、一人じゃ無いよって言ってくれてる裏にはこういう気持ちもあったんだって。
ここで言うのも変だけど、みんな本当にありがとう。
今度はみんなのチカラをヒロシさんへ!必ず戻るコトを信じて。



で、当日を迎えたのでした。長いから続くよ…→#2
author:yone, category:LIVE, 22:25
comments(0), trackbacks(0), - -