RSS | ATOM | SEARCH
世に棲む日々(その342 - 性に関するハナシ)

JUGEMテーマ:与太話

 

 


最近、セクハラだ不倫だ援交だっていろいろと賑やかね。
(別に最近だけじゃ無いか)

 

セクハラ・レイプといえば「Me Too」

ハリウッドme too

セクハラはよくない。レイプ、暴力は絶対ダメだ

 

本来快楽なモノなのに
不快にされたらイヤでしょ?
だったらやるなってハナシだよな。

 

まず、女子に手を上げちゃダメだ。
なぶられて快楽を得る人もいるだろうけど、限度がある。

まぁ、女子に手を上げられるのはオレはむしろイイケド。
だからレイプモノのビデオとかマンガとか観ないし読まない。
 

ソドム百二十日

昔、マルキ・ド・サドのソドム120日とか悪徳の栄え

氏賀Y太

とか、氏賀Y太とかのマンガ読んで…
まぁ、それはイイや。絶対に薦めないけどね。

 

だから、野党のこのパフォーマンスは絶対にゆるされない。
セクハラ、レイプをネタにするな

野党 me too
バカだろマジでコイツら。

女性議員

特にココに名前連ねてるバカども。

 

吉良よし子

吉良よし子とかホント非道ぇ。


政局とかの道具に使うと誰も真剣に取り合わなくなるんだよ。
軽々しく扱うな、クソめ


援交で辞任したハッピー米山知事。

米山知事
これ、スタービーチ前川喜平

前川喜平

と同じでしょ?
出会い系のバー(スタービーチ)かアプリ(ハッピーメール)かの違いだ。
だったら、貧困調査って言えばよかったのに。
でも、コレ援交してるオンナの方にも責任あるでしょ?
お互い需要と供給のバランスだ。
相手22歳のねぇーちゃんだろ、
未成年少女に手を出したのか?

援交少女
未成年だとしても、そんなサイトに登録してる娘も問題だろ。
まぁ、でも小学校のガキの時分から変な人形使って

人形

こんなおぞましい人形使って、フリーセックス、性行為教えてりゃ、
こうなっちゃうんじゃないかねぇ。罪悪感なんて無いだろうね。

 

だからね〜一方的に知事が悪いとは思えないんだね〜。


前川が気持ち悪ぃのは貧困調査って言い訳が非道ぇから。

 

それから不倫ね。
不倫と言えばやっぱ今は山尾志桜里さんか。

倉持山尾
志桜里さんより相手の倉持弁護士の、言い訳。

山尾蓮舫辻本
「オレははめられたんだ。蓮舫、辻本はババアだから
ちょうどバランス良い熟女の山尾をあてがわれたんだ。
だから、しょうがないんだよ〜」
って、こうじゃ無いとね。こういう下世話が一番。

山尾志桜里01
志桜里さん美熟女よね。オレ結構タイプなんだよ。

 

基本的に不倫はやる人間によってゆるされる
ケン渡辺とか、

渡辺謙

梅沢とか、

梅沢富美男

役者はまずゆるされるな。

石田純一
「不倫は文化」の石田純一も役者かアレ。
あと、アレか瀬戸内寂聴か。

瀬戸内寂聴

尼になればゆるされるな。
こんな程度だから不倫はたいした罪じゃ無ぇ。ってコトだ。

山尾志桜里02
志桜里さん安心してね

 

基本的に貞操観念のハナシはどうでも良い。

貞操観念
貞操観念って基本的に女性が異性関係について純潔を守ろうというコトだけど、

男でも女でも当人がどう思うか?
あ〜下半身だらしないなぁってコトに罪悪感感じるかどうか?で、
「みんなやりたがってる、心の中じゃいつも」ってコトだから。


昔、江戸時代の頃なんて、おおっぴらでもっと自由だったんでしょ。

夜這い、

夜這い

夜鷹

夜鷹

でも、密通・浮気は「密通御仕置之事」によって死罪だったから罪は重いんだよ
密通イタシ候妻 死罪
密通ノ男 死罪

密通御仕置之事
奉行所に届け出れば仇討ちも出来た訳で、
やりたい放題ってコトも無かったようだけど。

 

 

結局ね
不倫、援交はイイケド、レイプ・暴力はダメってコト。
ロリはイイケド、ペドはダメってコト。

あんどろトリオ
内山亜紀は最早伝説だね。


コレはオレが思ってることなので、

それはオカシイ!変だ!!って言われてもね。
まぁ、あしからずってコトで。

とにかく暴力はダメってことが言いたい。

あと、野党はネタにするな!ってコト。

 

author:yonexxx, category:雑記, 15:12
comments(0), trackbacks(0), - -
新潟長岡らぁめん 安ざわ食堂 板橋区上板橋

JUGEMテーマ:ラーメン

 

 

 

 

池袋、ライブハウスAdamのそばに塩ラーメンで有名な桑ばら
そこの店員の人がラーメン屋を上板橋に開店した、と。
ほう、通ってる鍼灸院も上板だしじゃあ行ってみようか、と。

 

なんか、ラーメン屋の新店に遠征に行くなんてどれくらいぶりかしら?

らーめんネタ書くのもどれくらいぶりかしら?

行列

店に着くと4人ほど並んでいた。

提灯
提灯には「新潟長岡ラーメン」と書いてあった。
単純に塩ラーメンの店じゃないのか。
食券制なので先に食券を買っておこうと見ると、
醤油、塩の他岩のりラーメン、油そば、夏季限定でつけ麺、
限定メニューで味噌と燕三条系煮干し背脂ラーメンというのがあった。
ココは塩で行きたいけど、
先ずは基本の醤油ラーメンだな、と、
別に好きなの喰えば良いのに、かつてのラーメンブロガー気取りが出てしまった。
「先ずは基本の醤油を」とかコレはもうずっと治らないのか


紀子は油そばを。塩は次回頼む気でいるらしい。

醤油ラーメン+味玉

醤油ラーメン

基本的な支那そばっぽい見た目のが来た。
スープはショウガが効いた醤油味。
麺はとんこつラーメンのよりちょっと太い感じのストレートな麺
さすが、やっぱていねいな感じでとても美味しいラーメンです。
だけど、ちょっと飽きちゃったな、オレは。
こっちの油そばは非常に美味かった!

油そば中盛り

油そば
油そばって太麺でワシワシ喰うって感じするけど、この中細麺で食べやすくてよろしい
コレ中盛り位がちょうど良いと思います。
ビール飲みながら食べると最高にイイ感じだな。

生ビール
次は塩か?煮干し背脂も気になる一品ですな。つけ麺はどんな感じだろうね。
これから、毎週土曜日はココで昼食かな。

author:yonexxx, category:ラーメン, 11:34
comments(0), trackbacks(0), - -
世に棲む日々(その341 - 米澤家 高知母慰安旅行-01)

JUGEMテーマ:与太話

 

 

少し前の話になるが、備忘録的日記。
3月16〜18に母を労う米澤家旅行に高知へ行ってきた。


品川で母と待ち合わせ、高知、龍馬空港で、弟夫婦と待ち合わせ。
飛行機で高知って一時間半くらいで着いちゃうのね

ちょっとウトウトとしたら、もう到着です。ってさ。

空港からは健二郎の運転で、先ずは、
昼食に宇佐の漁港へウルメイワシを食べに。
宇佐の一本釣りって、有名で、網でゴソッと捕るワケじゃないので、

魚同士がぶつからないし、一匹一匹が綺麗で刺身はバカ美味いとか。
漁港近くの宇佐もんや食堂へ。

宇佐もんや
この日、高知は全国に先駆けて、桜の開花宣言があったのだが、

かなり春の強風が吹き、朝は雨が強かった。
おかげで波が高いため漁に出られなかったので、イワシはありません。と。
それはしかたない。が、ヅケはあるというので、ヅケ丼をいただいた。

宇佐もんや漬け丼

写真は食べログから持ってきた。写真撮らずに食べちゃったから。
美味し。これ、刺身だったらどれくらい美味かったコトか??

暖かくて良かったけど、風め〜。


帰り、高知城により、観光。

高知城
高知城、そんなに大きくないんだな。
山内一豊、功名が辻だな。

司馬遼太郎だな。読んだ?

功名が辻

仲間由紀恵だな、千代だな。観た?

功名が辻

全く関係ないけど、

お城近くの小さな公園でのトイレにこんなのがあった。

禁止食物
中国人向けか?
トイレで食い散らかすのかね、アイツらはマッタク。


そしてホテルにチェックイン後、夜の宴会へ。
おらんく家という土佐料理、お寿司の店へ。
先ずは?カツオのタタキね。

土佐だもんね。

ここでも写真を撮り忘れるというね。

入口の水槽にウツボがいた。
メニューを見ると、天ぷら、と。

ウツボの天ぷら

ウツボのたたき

ウツボのたたき
では、それをいただいて、

ウツボは白身で柔らかくて意外に美味い!

鰻の仲間だそうで、そんな感じの身でしたなぁ。

蒲焼きで丼とか美味そうだぞ。

後は?クジラのタタキもある。

カツオのたたき

土佐、タタくの好きだな
昔よく食べたよな。牛肉じゃなくてクジラだったよね。

そう言えばオレはあまりクジラ好きじゃなかったよ。

 

その後は、部屋で健二郎夫婦と飲み直し
親父の話、オレの病気の話、

母のこと、これからのコト、

健二郎もいろいろと考えることアリなようで、
語り合ったね。酒も入ってるし、お互い遠慮なしで。
うちは、自分らでいうのもアレですが、兄弟仲はとても良い

熱く語り合い、土佐の最初の夜は更けました。

初日、良いスタートだったな。

→02

author:yonexxx, category:雑記, 14:33
comments(0), trackbacks(0), - -
世に棲む日々(その341 - 米澤家 高知母慰安旅行-03)

JUGEMテーマ:与太話

 

 

 

最終日・3日目は日曜日。この日を楽しみにしてた女子達。

朝食時に昨日買った土佐ジローの玉子で玉子掛けご飯。

土佐ジローTKG

土佐ジロー、コレが一番美味かったぞ。

 

ここからが本番。
さて、表の通り(追手筋)では日曜市と言う青空市をやっていて、

日曜市01
通りには果物から野菜、漬け物、お米とか祭りの縁日の出店ように店が並んでいた。

日曜市02
毎週日曜やっているらしい。週末はいつも祭りだな。楽しいトコだ


その通り沿いにひろめ市場というトコがあるので行った。

まず入口辺りで津野山ビールというお茶のパウダーを混ぜたカクテルを。

津野山ビール
ココはフードコートのアメ横版みたいな感じの市場で広場にテーブル席がアリ、

市場内の食べ物ならどこのを持ってきてイイと。

もう、そこここで、朝から宴会が始まってる

ひろめ市場01
席を確保したら、食べたいものを買ってこよう。
母、またしてもカツオのたたき。そんなに好きか。

ひろめ市場明神丸名物、カツオ塩たたきすげーうめぇ!

藁焼きカツオ塩たたき
オレもふらふら歩いてみると、土佐赤うしなるモノが。
よし、じゃぁ、コレのステーキでも食べてみようじゃないか。
ももが2000円、フィレが3000円位だったかな。

土佐赤うし
どれくらいがイイかしら?200gでもけっこうありますよ、ではもも200gお願いします。
さっきの値段100g単位の値段か。

以上の2品、また写真が無いから拝借。食べちゃったモンだからね。
こんな市場が近所にあったら大変だ。毎日行って、破算だよね

 

思ったんだがアレだね、土佐ってのは山、川、海の幸が楽しめて

すごくイイトコだねぇ

 

食事の後は、空港に行く途中、自らも画を描く文化的な母のご希望、

絵金蔵(えきんぐら)へ。
狩野派免許皆伝の腕前の人で、お城の御用絵師だったけど
贋作疑惑で追放され市井で庶民のために歌舞伎の絵(芝居屏風絵)を描いた人、

絵師の金蔵(きんぞう)で通称絵金(えきん)

残酷画というか、「おどろおどろ」というそうで

絵金

オレはね、女性の絵に魅力を感じましたよ。

絵金02

初めて観たけどホントに魅力的な絵を描く人だなぁ。

以上で、土佐旅行はお終い。充実しましたよ。

 

16:00くらいの飛行機で、羽田に着いたのが18:00前くらい。

土佐はイイトコだね
もちろんあれだ、坂本龍馬、桂浜も行ったよ。

桂浜龍馬像

龍馬の銅像思ったより相当デカいな。
空港も龍馬空港だし、しかしなんでもかんでも坂本だな。

あと、土佐はK'S電気が多くてパチンコ屋が少ない
でもね、ホントに土佐はイイトコだなって思ったよ


母もご満悦で帰って行きました。

母帰る

めでたしめでたし。

最後に、土佐土産といえば、もう

「土佐日記」コレね。

土佐日記

 

01に戻る

author:yonexxx, category:雑記, 14:13
comments(0), trackbacks(0), - -
世に棲む日々(その341 - 米澤家 高知母慰安旅行-02)

JUGEMテーマ:与太話

 

 

 

2日目、オレも行きたかった、四万十川へ。

四万十川

最後の清流だぜ。
そして、天然の鰻を食べに行こう!!
四万十川、天然鰻と言えば、四万十屋

四万十屋
鰻好きだってんなら、一度は天然食べないとね。どうせ食べるなら本場でね
しかし、この時期は、鰻も小さいらしく、蒲焼きにするほどの大きいのがないとか。

鰯に続き鰻もか〜 時期間違えたか?

では、仕方なし、まぶしで良いです。

あと、川海老でビールをいただこう。
ここでも、せっかくだからとカツオのたたき。
ココの叩きは美味しかった。
川海老、美味い!!これは良いねぇ。でも写真がない。

食べちゃったモンだから。
で、鰻が来ました。

鰻まぶし
柵状の鰻がまぶしてある。では、天然とか言うモノを…。
それがね、けっこう身が固いんだな、
さらに、川魚臭い。これ、そんなに美味しいモンじゃないぞ。
天然物はガチで生きてるから、身も締まって固いんだろうね。
これ、蒲焼きで大きいの出てきてたら、食べるの持て余したかも
って、食べ慣れてないのもあるのかも知れないけど、養殖物の方が柔らかくて良いと思っちゃったよ。
この後、四万十川といえば?沈下橋ね。

佐田沈下橋

佐田沈下橋

手すり、欄干がないとやっぱ怖いもんですな。普通に生活道路なのね。

こちらは三里沈下橋。 四万十川には支流も含め47の沈下橋があるそうで。

三里沈下橋

この日の夜は土佐ジローという名の焼き鳥屋へ。
地鶏の土佐ジローってワケじゃ無かったのね。
美味しいんだけど、焼き鳥屋は焼き方が大事だよな

ココも写真が無いや。
まぁ、もう少しイイお店の方がもっと美味しく食べられたような気がする。

ホテルに戻ると、宿泊客に、夜泣きラーメンと、缶チューハイ1本のサービスがあり、
それをいただいて今夜は終了。

2日目はさらっとね。
→03

author:yonexxx, category:雑記, 14:05
comments(0), trackbacks(0), - -