RSS | ATOM | SEARCH
世に棲む日々(その-334 持って行けるモノ)

JUGEMテーマ:日常。

 

 

 

 

ガキの頃、人生50年って言ってた50年目が軽く過ぎ去った。

今日が成人式か。今年も荒れるのかな?

今でも荒れてるのかな?まぁ、イイけど。

51年目の年が始まり、あらためて思ったコト。


あれから、身体の動きが悪くなってみて、舐められるのが良くわかる。


要は、普通じゃないってコトで、大なり小なり、線引きしてくるってコト


当時、鬱だった時、

大きな病気をしたからといってだから弱い人間だという訳じゃない。

と、先輩に言われたことがある。
それを思い出した。
近頃知り合った娘にも似たようなコトを言われた。

 


だけど、まぁ、何かを失うと、ついでに無くすものもあるってこった。


一つ一つ取り返す。か?
いや、無くなったモノはしょうがない。
一つ軽くなって良かったんじゃないのか?

餓鬼

強欲で、アレも欲しいコレも欲しい、さらに捨てられない

それじゃまるで餓鬼だな。


要らないものは、捨てて行くのさ。

 


てめぇのプライドをもっと研ぎ澄ませ。


こういう感情は何度となく繰り返している気もするけどね。
流れを悪くしているのは自分自身なんだよな。

 

そう今さら、もう一度、余計なモノ必要ないモノまで拾い集めるコトはないってコトだ。

持って行けるもの

ゲン直しに、U.F.Oでも。

このアルバムHigh Lebel CutはCD化されてないんだよね、確か。

 

author:yonexxx, category:雑記, 09:11
comments(0), trackbacks(0), - -
世に棲む日々(その333 - 2018年ってより平成30年)

JUGEMテーマ:与太話

 

 


 

 

2018年ってより、平成30年って言われると、もうそんなに経つのかって気になる。
今月20日が父浄稔信士の1周期の法要なのでそれまで、喪に服しております。
なので、新年のご挨拶は控えさせてもらいますが、
「今年もよろしくお願いします。」

 

 

さて、
喪中ってコトで今年はいつも行く大洲神社のお参りは控えたのだが、

 

浄土真宗の基本的な考え方というか教えでは、
亡くなった人は、極楽浄土へ行かれ、
阿弥陀如来様の元で「仏になる」という考えが浄土真宗にはある。

阿弥陀仏
「南無阿弥陀仏」ね。
亡くなった方は、阿弥陀仏の弟子になるってコト。
なので、「死」というモノを「穢れ」とはしない浄土真宗にはイワユル「喪中」というモノは無いそうだ。
お葬式でもお清めの塩が無いからね。

 

そんなコトから喪中と言われる期間でも、
年賀状を出したらダメとか、
お祝い事はしたらダメとか、
そういったことは一切無いそうで。
御住職も言っていたが、浄土真宗はけっこうゆるい

 

ただね、こっちサイドが「喪中とか無ぇし、だから神様よろしく〜」っても、
神様サイドは「死」ってやっぱ「穢れ」な訳だから、
「いや、オマエらは良いかもしれないけどね、喪中じゃん、それはダメだわ。」
って言うかも知れないし、変な軋轢生むのもイヤだから、自粛したのだった。
アレだ、「忖度」だな、「忖度」流行語は使おうぜ〜。


でも、お正月の朝、どこにも行かないのもアレだから、江戸川の土手に母と紀子と行ってきた。

つるのり
寒ぃけど澄んだ空気は気持ちイイね。
今年も元気に過ごそうね。ってコトで。

しかし、年末年始はあっという間に過ぎるよな。
でも、アレか4,5日と休めば11連休か。
去年、今年と年末年始の休みは恵まれてないねぇ。

 

こっちは相変わらず4日から顔合わせとか言って、昼に2000円位の弁当食って、

会社の弁当
顔合わせで御神酒で乾杯して、昼にビール飲んで、14:00から普通に仕事しろって、
相変わらず、バカだと思うんですよ。

でも、おかげで、この文章は今書いてるんだけどね。

 

今回の「世棲日々」シリーズ333回目。おいちょかぶでいえば「あらし」。

子のあらしは3倍づけだけど、親なら3倍払いで負けだよね。

「3、3、六法で引き目が無い」ってまさに寅さんの口上だな。

 

さて、今年はどんな年になりますかね。
皆さんもよい年にしましょうねぇ

 

author:yonexxx, category:雑記, 14:52
comments(0), trackbacks(0), - -
世に棲む日々(その332-平成29年は西暦2017年)

JUGEMテーマ:与太話

 

 

 

 

 

 

西暦2017年、平成29年も終わりますね、

なので、今年を振り返るってコトなんだけど、

歳をとるというコトは、それだけ死に近づいていくと言うコトで、

死んでしまう人も出てくる訳だ。あ、訳です。

 

ミュージシャンだと、ムッシュ、遠藤賢司、

ジョン・ウェットン、マルコム・ヤング、

トム・ペティ、デカいのは3月のチャック・ベリーか。

 

ムッシュとかチャックベリーなんて死ぬと思わないよなぁ。

chuck berry

 

そして、今年はといえば、父親の死な訳です。

来月で1周忌だ。

色々と手続きも終わり、母つる子もこの前ようやく一安心。ホッとしたようで。

 

忘れたわけではないけど、慣れるもんだね。

人間は忘れるという能力があるから生きていけるとかいうけど、

慣れるっていうコトは、忘れるコトの一種かもしれないな、と。

で、それが当たり前の状態になっていく、と。

なので、年賀状が出せない。今年は作らなくてイイ、と。

コレは酉年の年賀状。

分家賀状

 

それから、今年は年末最後にライブもない。

年末どころか、クライ、今年はライブ自体少なかった。

CRY0922

少ないどころか、9月のBlack & Blueのライブ一本だけだったんだな。

そうか〜、コレばかりはしょうがないけどね。

こんな年はいつ以来かな

コレも演奏するコト自体を忘れたわけじゃないけど、慣れるのか。

ステージやらないっってのが当たり前になるのはイヤだけどね。

 

慣れといえば、身体のコトだな。もう4年も経つのにねぇ。

後遺症ってスゲェな。まだ若干囚われてるし。

それにコレばかりは慣れないのよね。

慣れて、変に痺れているのが常習化するのも嫌だし。                         

それでも、今年後半は夜間作業、出張の夜間作業もあったり、

平日の現場も連続したり、倒れる以前ほど激しくないが、だいぶ現場に戻った。

来年はどこまで戻るか。

戻るっていうか、もう、いい加減、身体がこの痺れを忘れてくれないか?

brain

身体ってより「脳」だな。

 

で、振り返るついでに、ラーメンネタ。

ラーメンブログに戻るつもりはないけど、ぼちぼち食べたヤツを。

 

かいざん

もう、少なくても4年ぶり。倒れて以来じゃないの?

ラーメンショップのラーメン。

千葉の名店「かいざん」のネギラーメンにネギ丼

 

あまみ屋

極太麺、豚骨魚介醤油のつけ麺。大山「あまみ屋」のつけそば。

 

武蔵家

大山で家系というより、家系の中でもトップクラスだと思う、

「武蔵家」の「味玉ラーメン脂多め、味濃いめ。麺固め」

 

牛骨ラーメン

これも大山の「外宮の牛骨ラーメン」

細ストレート麺で博多豚骨ラーメン似だけど、あっさり気味な味。

 

福しん味噌

とにかく安心を求めるなら、「福しん」の味噌ラーメンニンニク乗せ

 

コロッケそば

 

きつねそば

たまにはおそばも。そばはコロッケそばかきつねそばの二択だ。

「ゆで太郎」が安心。

 

さらに、もうどれくらいぶりか、ここも4年ぶりかな。

「時ちゃんラーメン」にも行った

担々麺

ここの看板メニュー「担々麺」

でもいわゆる担々麺を期待すると外すよ。

どっちかっていうと辛味噌ラーメンかね。

 

板橋方面で辛旨いといえば中本だけど、

オレはね、中本よりも辛旨いと思う。

 

比較しても意味はないんだけどね。時ちゃんは立派な飲み屋でもある。

タマネギハイ

タマネギハイと付け出しの塩もみキャベツ。これで一杯十分飲める。

 

タンタンつけ麺

つけ麺は酒のツマミにもなる。チャーシューほろほろでバカ旨い

ソコが大山界隈の連中に愛される所以ではないかと思うのです。

 

そしてシメの麺は毎年恒例なのだが「安定」のさい。で中華そばを、

sai.

最後に変なラーメン食べたくないしね。

そして、やはりラーメンネタが一番安定している、と。

みなさん、良い年をね。

 

 

 

author:yonexxx, category:雑記, 20:43
comments(0), trackbacks(0), - -
世に棲む日々(その331 - めがね)

JUGEMテーマ:日常。

JUGEMテーマ:与太話

 

目が悪い。中学の頃からメガネで、

高校で、ラグビーやりたかったから、ソフトコンタクトにして、

途中、ハードにしたけど、ずっとコンタクトとメガネの世話になっている。

最近、またコンタクトレンズが合わなくなってきたので、

眼医者
眼医者に行き、ついでに眼鏡も作るコトにした

昔、丸いの持ってたんだけどいつの間にか無くしてるし。
せっかくなので、また再びジョンのような丸いのにしようかな。

john lennon
丸めがね、ラウンドタイプって言うのね。
で、眼医者の裏に眼鏡市場があるので行ってみたけど、
楕円形のはあるけど、丸いのは置いてない。


まぁ、流行ってはないよな。

でも、このカタチなんてスタンダードって訳でもないのか。

 

 

そこで、近所の老舗っぽいトコに行ってみるコトにした。

その名も「メガネの八光堂」昭和だねぇ。

八光堂

ココは以前、店頭にあったサングラスを買った時、
店員の方が丁寧に拭ってくれて、キズ防止のコーティングまで塗ってくれて
すごく親切なお店だな、と思ったのです。
だから眼鏡買うならココも良いかなってずっと思っていたのよね。


昔ながらの眼鏡屋さんで丸いフレームも、ちゃんとあった。
もう、コレに決めた!欲しくて欲しくてどうしようもなくなった


でもね、眼鏡市場とかJINSとか安いメガネ屋で値段観てたもんだから、
けっこうフレームも高いなぁ、レンズも結構するなぁ、
こりゃ、高い買い物だぜ〜なんて、

総計おっと?そうよね、それくらいするよなぁ〜
そしたら、けっこう値引きをしてくれた


で、調子にのって

レンズはサングラスみたいに色がつくヤツにしてください。
「調光レンズですね、どれくらい色つけますか?」
「割と濃く入れてもらっていいです。」

コレはけっこう黒くなりますよ
「はい、いいですよ、お願いします。」

 

「では、1週間後取りに来てください。」

 

出来上がり後、取りに行くと、丁寧に調整してくれて、

it was me

ちょっと具合を言って、手を加えるだけで、掛け具合が変わるのね。
コレはまさにプロの仕事だなぁ、と感心した
いつでも寄ってください、調整しますから、と。
なので、先のサングラスがだいぶ寄れちゃったので、持って行ったら、
コレまた丁寧に直してくれた。
良いお店だな。もう、惚れましたよ、八光堂。

昼間掛けると…けっこう黒くなる。

調光レンズ
良い感じ。

 

店員さんは「できれば、一生使っていただきたい」と
丁寧に調整していけばずっと使えるんだろうな、とマジで思うよ。

今はね、それなりで、決して悪くはない眼鏡が安く買えるんだろうけど、
こういうイイヤツを長く使いたいモノですなぁ。良い買物したぜ!

老眼鏡
こんななって100円ショップの老眼鏡を買いまくってる場合じゃ無いってコッタ。

 

author:yonexxx, category:雑記, 12:18
comments(0), trackbacks(0), - -
I'm standing Here vol.129 - 平成29年12月第2週

JUGEMテーマ:闘病記

JUGEMテーマ:脳卒中

 

 

日記的な、記録的意味を込めて…

 

 

だいたい、年度末、この時期は現場作業が多くなる。
で、平成29年12月の第2週は現場週間になった。


12月4日は品川の新駅の配線のための測量作業。

1204品川
レールを敷設する時の基準となるセンター鋲を打つ作業。
これは、まぁ、さすがに、もう昔の具合を思い出してきているけど、
20m毎に立ったりしゃがんだりは普通でも疲れるよねぇ。


12月5日は総武線の保守用階段の調査。

階段調査01

新小岩駅からスタートして、千葉方面へ。
線路外から総武線高架橋に入るための階段の健全度の調査
場所によっちゃ、エライ高い訳で、
昔から高所恐怖症気味で、左脚がまだ、万全ではないオレは
かなり怖かったねぇ。

 


12月6日は前日の続き。市川駅集合だったんで、
前日は実家に泊まった。母つる子、心臓が悪いけど元気で安心
久々で嬉しそうだったし、良かったよねぇ。


さらに、現場は進み、本八幡駅界隈に来た。
中学・高校と過ごした街
入り浸ってた「島村楽器」雰囲気変わって入りづらい。

1206島村楽器
本八幡駅の裏の方、ココ昔ストリップ無かったっけ?一本向こうかな?

本八幡駅裏
何だかんだ、懐かしいねぇ。

 


で、12月7日だ。
この日は水戸の先、佐和駅(知らないわ、そんな駅)のホーム調査。
コレが、現場に行くのに「東岩槻駅に午前7:00集合。」

東岩槻
おかげで、5:30、大山発だよ
まぁ、ソコまで早くなくて良いんだけど、
だいたい現場の方は何かあったら困るから余裕みるじゃん。
倒れる前はバイクで行ってたから移動自体そんなに心配なかった
(事故るなんて思わないし、渋滞すり抜けられるし)のだが、
電車となると、オレの裁量じゃどうにもなんないし、
さっそく、大山で乗る寸前でドア閉められたし。
身体が万全で10歳若かったら電車に思い切りケリ入れてるトコだ。
そんなで、朝早ぇわ、アヤつくわで結構イラついたよねぇ。

佐和駅。

佐和駅01

水戸より先だし、案の定駅前何も無い。

佐和駅02

どこの駅もクリスマスイルミネーションはやるんだな。

 

そして、〆が12月9日土曜日、品川新駅の夜間作業。

1209品川夜間作業
正直、土曜日の夜間作業、休日前の夜間作業って一番イヤでね。
まぁ、こんなのが好きなヤツなんて一人もいないと思うけどさ。
次の日の休みすべてがツブれるじゃん。
夜間明けて日曜がツブれて、次の月曜日からまた1週間が始まるワケだ。
仕事好きで、忙しいなぁ、ヨシ!がんばっちゃうぞぉ〜!!なんてね、

今のオレは、そんなに仕事なんて好きじゃないからさ。
でも、終わって一杯飲んで「ハイ、お疲れちゃん!」ってのは大好きだね
それが無きゃ仕事なんてやるかよ、好きこのんでさ。

そんなコトは良いんだけど、

あっち行ってこっち行って、まぁ、こういうコトだ。
「一週間、現場お疲れだったな、オレ。」
で、また、今週、来週もすっかり現場が続くのね。
倒れてから4年目。早く、左側の違和感、痺れと動きの悪さがね、

もう少しでイイから和らいでくれたら、いいよねぇ。

でも、無事にやりきったオレの身体はよくがんばったよねぇ。

 

author:yonexxx, category:脳出血, 10:28
comments(0), trackbacks(0), - -